二階建てバス

関西の玄関口

大阪や関西地域を含めて、大きい空港は2つあります。大阪の泉佐野にある、関西国際空港(関空)と大阪の豊中市にある大阪空港(伊丹空港)があります。どちらともかなり大きい空港ですが、関西国際空港の方が国際として海外からも飛行機が飛んでくるので、関空の方が大きいです。最近になって関西国際空港は24時間体制となった為、海外からの時差で来れなかった飛行機も大阪に来れるようになりました。関西国際空港は泉佐野にある為周りには目立った建物はないため、空港内に駐車場があります。そのため、車が約2000台停めれる駐車場が5つもありとても広い駐車場となっております。一方大阪空港は、周りが住宅街となっており、飛行機もかなり近い地域で飛んでいるため、大阪空港内だけでなく、周りの一般の駐車場もたくさんあります。

関西国際空港(関空)では乗り入れする車が多いため、駐車場などにさまざまな工夫を取り入れています。まずは、マイクロバスです。関空がある泉佐野から主要都市の大阪市までは車で1時間ほどかかるので、大阪市の梅田まで通っているマイクロバスがあります。このマイクロバスは関西国際空港の駐車場への乗り入れを防ぐためでもあります。それに関西国際空港では立体駐車場も完備しており何万台もの車を収容できます。関西国際空港はもともとが埋め立て地であるため、周りには何もありません。なので近くには電車も通っておらず、車で行くしかないのです。マイクロバスは大阪市内など主要都市からしか通っておらずそれ以外の地域から来る人たちは車で行くしか方法はないため、たくさんの車が収容できるのです。